任意整理のメリット

借金の任意整理のメリットは色々とあります。


借金そのものの金額が減ることになります。


そして弁護士や司法書士に依頼することになるので、依頼したときから、債権者から、催促や取り立てがあったという場合には、それがストップするので安心です。


また、依頼してからは、一時的に、借金の返済をしなくてもいいというメリットもあります。


自分で手続きを行うのではないので、面倒な手続きも行う必要がなく、すべてを弁護士や司法書士に依頼することができます。


どこで依頼するのかによっても結果は違っていると思いますが、特定調停の方法と比べると、借金の任意整理を行った方が、借金の額が減るというケースが多いというメリットもあります。


もしも利息制限法で計算をし直したときに、返済しすぎたということが発覚した場合には、任意整理の最中でも、過払い請求をして、払い過ぎた分を還付してもらうことが可能です。


任意整理の借金の返済方法では、裁判所を一切通さずに、弁護士や司法書士と、借金を借りていた先との関係だけに限られますので、金融事故にあった人を掲載する、政府の官報に名前が載る心配もありません。


世間体を気にしている人などにはぴったりです。


また、裁判所を通じていないこともあり、特定調停の場合には、何度も裁判所に自分で足を運ばなくてはいけませんでしたが、いかなくてもいいというメリットもあるので、時間的に都合をつけていく必要がないメリットもあります。

posted by 借金本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金