相続

相続と言えば、遺産相続などをイメージする人も多いと思いますが、借金の相続もありえます。


亡くなった人の資産や財産について、調べていると、必ずしもお金がプラスになって残っているとは限りません。


人によっては、借金が残ってしまっているというケースがあるのです。


遺産相続なら受けたいと思っている人も多いと思いますが、借金の相続を買って出たいと思っている人はいないと思います。


借金の相続をしたくない場合には、相続人に該当している人が、家庭裁判所に家事審判申立書を出す必要があります。


借金の相続放棄をする際に必要になってくる書類は、相続放棄の申述書、そして申込人の戸籍謄本、そして被相続人の戸籍謄本と住民票の除票が必要です。


亡くなった人の借金まで相続したくないという人は、早めに手続きをした方がいいでしょう。


しかし、なくなった人の借金の連帯保証人になっていたという場合には、借金の相続放棄をするという問題以前に、連帯保証人として、借金を肩代わりしなければならない義務が発生しますので、この場合は、どんな事情があったにしても、借金の返済をしなければいけません。


相続することになっている財産の中に、借金が含まれていたという場合には、相続放棄をすれば、その借金は返済しなくてもよくなりますので、相続人になっている人の場合には、早めに手続きをするようにしましょう。


弁護士や司法書士に連絡をして相談をしてみるというのもいいでしょう。

posted by 借金本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金