住宅 借り換え

住宅ローンの借り換えをしたいと思っている人は多いと思います。

住宅ローンの借り換えというのは、新しく住宅ローンを組んで、そこで入ってきたお金を使って、それまで借りていた住宅ローンを一括返済してしまうというのが住宅ローンの借り換えになります。

金利が下がっている時などは、住宅ローンの借り換えは頻繁に行われていました。

借り開けをする際のメリットとしては、今借りている住宅ローンよりも金利が低いものに借り換えることができれば、支払う際の利息なども減らすことができるというメリットがあります。

しかし住宅ローンの借り換えはメリットだけではありません。

注意点やデメリットなどもありますので、覚えておく必要があります。

手続きを行う場合には、新しく住宅ローンを組む手続きになりますから、従来通り諸経費がかかってしまいます。

たとえばローン契約書印紙代や事務手数料、保証料、登記費用がかかるので、無料で借り換えできるというわけではありません。

こういった初期費用も含めた上で、返済総額が減るというのであれば、住宅ローンの借り換えは意味のあるものになりますが、コストなどがかかって軽減しないということであれば、住宅ローンを借り換えるメリットはありません。

そしてその場で当面は金利が低いことを提示されて固定金利から変動金利に変えたり、固定金利選択型を選んでいるという場合には、将来的には金利が上がりますから、今毎月の支払総額を見るのではなくてトータルの総額を確認して借り換えましょう。

posted by 借金本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | ローン