利息制限法と借金返済

借金返済をする人は利息制限法について知っておく必要があります。利息というのはもともと、債務者や債権者など契約をした当事者の間で決められることでしたが、利息を当事者に任せてしまったところ、返済できないくらいに高い金利をつけられてしまう可能性があるということで、法外につけられる金利から借金返済をする人を守るという目的で、利息制限法が作られました。利息制限法では、15パーセントから20%といったように利息が制限されているのですが、金利については出資法と呼ばれる法律もあり、出資法では、29.2パーセントという金利までつけることができるようになっています。ということは利息制限法と出資法の間には、幅があることがわかると思います。この幅のことをグレーゾーン金利と呼んでいるのですが、このグレーゾーン金利で借り入れていて、今までに借金返済をしていたという人は、利息制限法の金利に基づく計算に引き直しをして、払いすぎていて利息分を返還してもらえるという仕組みがあります。
これは過払い請求と呼ばれるものなのですが、払いすぎていたお金を、返してもらうことを過払い請求し、帰ってきたお金は過払い金返還といいますが、これは自分でやることもできるのですが、なかなか手続きが難しく、出来れば、法律の専門家に依頼したほうがスムーズにいくとされています。
このように、借金返済をしている人は、利息制限法や過払い請求については知っておくと、もしかするともう借金返済しなくてもよくなる可能性も出てきます。
posted by 借金本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金返済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33334278
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック