自己破産と借金返済

自己破産とは、借金返済が苦になった人が、法の下で破産を申告して、それ以後の残債を免除してもらうというものです。自己破産をすることで、借りていた借金を返さなくてもいいと思い、それはいい方法だと思う人もいるかも知れませんが、そうではありません。借金返済ができなくなったわけですから、自己破産をした人への社会的な制裁はそれなりにあります。例えば、どんな社会的な制裁があるのかというと、借金返済ができなかったということについて、自己破産をした事実が、色々な場所で履歴として残ります。クレジットカードを新規で作ることも、使用することもできなくなりますし、それだけでなく、ローンなども一切組むことができなくなります。
自己破産をして借金返済を逃れることがはたしてその人にとっていいのかは、わかりませんが、多額の借金返済に迫られて、もう返済することが不可能になったという場合には、自己破産を申し出るよりほか方法がないという人も多いのです。借金返済ができずに自己破産している人はとても多いと言われており、破産した際の額というのは人それぞれ色々ですが、消費者金融から複数借金をしていて、複数への借金返済が苦になり、その末に、自己破産をするというケースも後を絶ちません。
そのため、消費者金融側も負担が大きくなるということから、自己破産させないための手立てとして、借金の一本化などの救済措置を銀行が今行っているというのも事実です。
posted by 借金本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金返済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33310702
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック